ふるさと納税第2弾・千葉県長生郡長生村

ふるさと納税第二弾として、千葉県長生郡長生村に寄付しました。「ながいきむら」ではなく、「ちょうせいむら」と読むらしいです。

狙いは今までと同じくお米。1万円の寄付につき20キロで、2口分寄付しました。今年の10月から2回に分けて、定期的に発送してくれます。

昨年、国が自治体に対して返礼率を下げるよう要請して(制度の健全な発展のためとかなんとか・・・)、返礼品の改悪が続いていますが、中には圧力に屈せずしっかりと還元し続けてくれる骨のある自治体も存在します。そこは情報化社会のいいところ、ネットでいろいろと調べれば簡単にわかるわけですから、そういった節税への努力、家計防衛の努力は泥臭く続けていきたいですね。

お米の場合、これからスグに送ってくれる自治体を探すのは難しいのですが、たとえば今年の新米を予約して10月、11月から定期発送してくれる高コスパ自治体については比較的容易に見つけることができますので、諦めずに探してみることをおすすめします。

それとお米のような商品の場合、一度に送られてきても保管場所に困るので、何回かに分けて発送してくれるかどうかもチェックポイントです。また同じ20キロでも、1袋で送られてくるのと、5キロ4袋でくるのでは利便性も違ってきます。表記を注意深く見るか、掲載されている写真で判断できますが、よくわからない場合は自治体に直接問い合わせれば教えてくれます。

コメント

  1. マネトラ より:

    お米が少なくなってきたのでふるさと納税の各種サイトを見たのですがすぐに20kg送ってくれるところは見つからず15kgをすぐに送ってくれるという山形県真室川町に10000円納税しました。お米は計画的に!ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。