資産状況(2018年4月度)

2018年4月度の資産状況報告です。まずはリスク資産のポートフォリオから。

毎月の積立額がほぼ一定ということもあり、ほとんど変化がありません。株式等で積極的にリスクを取り、債券やREITなどを使って分散投資効果を高めるというのが基本戦略です。

自分でもあまり気づいていなかったのですが、先日ニュースを何気なく見ていたらここ数か月プラチナの価格が弱含みということを知りました。そのくらい普段から関心がなく、放置している状態でしたね。

プラチナの需要は産業需要が主であり、ディーゼル自動車の排ガスを浄化する触媒需要が有名ですが、水素自動車、電気自動車等の開発が活況なので、将来的には厳しいという見通しなのかもしれません。とはいえ埋蔵量的には金より貴重ですし、資産や宝飾品用としての需要もゼロになることはないわけですから、分散投資の一環として今後もあまり損得を考えずに、まったりと購入し続けていこうと思います。もしかしたら以前のようにプラチナ価格>金価格になる日が来るかもしれません。なんにしても先が見えないのが投資です。

リスク資産の大まかな配分ですが、まず投資地域については国内資産が3割、海外資産が7割です。またそのほとんどをインデックスファンドで運用しています。インデックスファンドを中心に投資をしていくのが私の基本戦略なので、この比率については月に1回チェックをして注意するようにしています。

資産の6割をリスク資産に突っ込んでいますが、自分なりにリスク許容度を測ったうえでの選択ですので、怖さは感じていません。仮にリーマンショック級の暴落が発生した場合、リスク資産は半分から3分の1程度に減少しますが、全体で見れば3分の1程度の資産減少で済みます。定期的な収入さえ確保できていれば、特に生活に問題が生じることはないという算段。

株価が弱含みであったこと、円高の影響を受けたことで、先々月、先月と2ヵ月連続で資産額が前月比割れでしたが、今月はやや持ち直しました。

Grow Rich Slowly

インデックスファンド中心の投資においては、年間の期待収益率は3%~5%程度。負けにくい半面、すぐに効果が表れることもありません。

欲を書いてもいいことはひとつもないので、ゆっくりマイペースに投資を続けていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。