仕事におけるストレスフリーを実現していきたい

私の今年の目標の1つに、仕事でのストレスを限りなくゼロにするというものがあります。

もちろん、組織で働いている雇われ人である以上自由が効かないことも多々あります。なので完全な達成は現実的にはできないわけですが、この程度のストレスであれば心身ともに問題はないだろう・・・という自分なりの納得点が見いだせればよしとします。

心底仕事が好きだというワーカーホリックや、好きな仕事に没頭できる人は別ですが、たいていの人はそうではありませんよね。生活の為に仕方なく出社、出勤しているわけです。

結局のところ、仕事の中で感じるストレスというのは原因がほぼ決まっています。職場での人間関係、成果へのプレッシャー、仕事の内容、待遇、仕事自体の忙しさ(休めない)…おおまかに言えば、この範囲で説明がつくものかと思います。

自分自身の努力でどうにか改善できる部分もあれば、会社自体、業界自体がどうにかしてくれなければなんともならない部分もあるでしょう。少なくとも後者に分類されることがあまりにも多いのであれば、それは結局ブラック企業である可能性が高いわけですから、自分の能力や年齢と照らし合わせて勝算があるのであれば、転職を検討するのが合理的です。私も過去、2回、3回と転職していますが(別にブラック企業ではないですが)、転職の意義自体はあると思います。特に入り口で苦労した私のような氷河期世代であればなおさら。

さて、今のところ仕事からの自分へのストレスのかかり具合を確認してみます。

職場での人間関係    嫌味な上司や過剰な飲み会はなく、ストレスになるほどでもない

成果へのプレッシャー  ノルマはあるものの困難ではない(性格的にも楽観的である)

仕事の内容       好きでもないが嫌いでもない(とくに苦痛ではない)

待遇面         可もなく不可もなく。足りない分は副業でと割り切っている

仕事自体の忙しさ    繁忙期と閑散期が極端だが、自分の工夫次第で何とかなる感じ

こうやってみると割と恵まれているほうだとは思います。ただ、1つでも崩れてしまうと悪循環に陥ってしまう可能性があるので、その点には注意が必要ですかね。わからないことが増える⇒上司や同僚にいろいろ言われる⇒時間が足りなくなる⇒忙しくなる⇒休めなくなる⇒仕事の内容が嫌になる…みたいな感じで。ダメになるときは一瞬でしょうし。

とりあえずいま取り組んでいることは、毎日小さいことでもいいから1つずつ課題を見つけて、それの改善策を検討、実行するようにしています。ルーチンワークを自動化する、人に任せるものを決める、マニュアルを改良する…こういったことをコツコツ繰り返すことによって、仕事からのストレス、負荷の低減を図っています。

去年は少し仕事が落ち着いたな~というタイミングで余裕を感じて休暇を入れたところ、その間に仕事がたまってしまっていたということが往々にしてあったので、良いことも悪いことも長くは続かないという前提に立って、1年間のトータルでストレスを減らす方法を模索しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。