2019年度後半からの幼児教育無償化が決定!我が家への影響を整理する【後編】

費用負担の軽減額を検証するにあたっては、以下の仮条件を設定します。

・無償化は2019年10月から実施される

・無償化実施にともない、自治体の補助(私立幼稚園就学奨励費)は廃止される

・無償化は保育料に限定される

・無償化(補助金)の上限は月額25,700円とする

・在園中は無償化政策が続く

もちろんここに含まれない費用というものもあって、たとえば保護者会費や教材費などが必要になってくるのかもしれませんが、幼稚園のホームページからのみでは確認できません。入園後に案内があるのかその都度案内があるのかはわかりませんが、それについてはその時々に対応するしかなさそうですね。

さて、現状と無償化実施後の負担額を比較すると次のようになりました。

無償化が実施されることで、3年間累計の負担額が半分以上減ることがわかりました。私の住んでいる地域は公立の幼稚園が存在せず、かつ全国的にも負担額が高めなのですが、それでも相当な恩恵はありそうです。公立幼稚園に通園している御宅であれば、本当の意味で無償化となりそうですね。さらに2020年から通園が始まる園児の場合は、最初から無償化が完全実施されることになるので、さらなる負担減が期待できます。

上の表を見る限り、50万円以上は浮きそうなのでその分については貯蓄(教育資金)に回すようにします。負担額が減る=余裕が出たと錯覚して生活費を上げてしまう…にならないよう、いまから心構えをしておきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。