子乗せ電動アシスト自転車を少しでも安く買う方法【前編】

子乗せ電動アシスト自転車を購入しました。

少々値が張る買い物ですが我が家は自家用車を保有していないので、行動範囲と利便性を高めるために思い切って購入しました(というか奥さんからの要望ですが)。

調べてみると、国内メーカーではブリヂストン、ヤマハ、パナソニックが3強ということがわかりました。パンフレットを吟味したうえで何度かの試乗し、性能、乗り心地、補償内容などを加味して、上記製品に決めました。

ただブリヂストンは他の2社に比べて価格がやや高い…しかもチャイルドシートに装着するカバー(クッション)も別売となっています。上の機種は標準販売価格が138.800円となっており、これに消費税とクッションカバー代を足し合わせると、総額で15万円を超える金額になってしまいます。買えないことはないものの、ここで少しでもなんとかならないものか…と考えてしまいました(ちなみに機種のグレードを下げるという選択はナシにしました)

まずはリアル店舗で価格を調査

近所にあさひサイクルという大手の自転車販売チェーンがあるので、まずはそこで価格を確認します。その結果、店頭での売り出し価格は税込147,980円(カバー代含む)でした。

うーん、、、、全然、定価と変わらない。。。。なんか当社だけの限定色です!と説明をうけましたが、色は別になんでも…というかあまり拘りがないので、動機付けにはなりません。

ネットで最安値を調査

価格.comにて最安値を確認したところ、おおむね118,000円程度でした。税抜きに直すと、109,260円となります。ただし聞いたことがないような業者からの購入になるので、組み立てに整備士を使っているのか、アフターサービスがどうなっているのか…は不安材料です。また、ヨドバシカメラやビックカメラについても確認しましたが、10%程度のポイント還元があるものの、そもそもの販売価格が高いため(調査時点では142,000円)、ポイントを加味した実質価格は126,000円となりネット最安業者よりも割高です。

結果、価格のみで比較した序列はこうなりました。

ネット最安業者 < 家電量販店 < 店頭価格(あさひサイクル) < メーカー価格

しかしこのあと、ネット最安業者を大幅に下回る価格で自転車を購入することが出来ました。方法については後編で書きます(別に特別な方法ではなく、だれでもマネできます)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。