【ブログリライト計画】記事の削除を前提にリライトしたほうが良いと思った理由

ブログからのお知らせ
スポンサーリンク

記事の削除を前提にリライトしたほうが良いと思った理由

9年間もブログをやっていると記事数は増えますが、反面次のような記事が目立ってきます。
  
  ・古くなってほとんど読まれない記事

  ・環境の変化などにより、内容が陳腐化している記事

  ・ブログのテーマと関連性が薄い雑記的な記事

果たしてこういった記事は本当に(ブログの)資産といえるのでしょうか。
結論を言うと、正直私に正解はわかりません。
ただそこで思考停止になるのではなく、自分なりに考えた結果、削除を前提にリライトしたほうが良い影響がでるのではないかと考えましたので、今回はその点について書いてみたいと思います。

リライトと新規記事はどちらも重要

Googleアナリティクスなどで自サイトを分析すると、記事をアップしてから1週間程度は一定のPVが継続しますが、その後は急減し、最終的にはほとんど読まれなくなります。
回遊性を上げるために内部リンクを設定すれば多少の効果はありますが、どうしても古さが出てしまうので、やっぱり読まれなくなりますね。
このブログに限らず、読者の方の興味はお気に入りサイト・ブログの「新着記事」なのは言うまでもありません。また、質の低いコンテンツを放置しておくのはまずいですし、読者の満足度を上げるためには定期的なリライトも欠かせません。
こういったことを書くと、「好きなことだけ書きたい」「気にしないで書きたい」と思う方も多いかと思います。それも1つの価値観ですよね。
ただ私としてはブログ中級者としての矜持から、そこに甘んじることなく、なんとかもう一歩前進したいという思いが強くなってきました。

すべての記事をリライトするのは非効率すぎる

理想は全てのページをリライトすることですが、時間的、体力的、そしてなにより精神的に無理です。根性ある人だったらできるのかな・・・いや、たぶん心が折れます(笑)
なので、より効率的にリライトしていくことを考えていきます。
リライトする記事の候補は一言で言うと品質が低い記事。アクセスがない、内容が薄い、結論がない、読者の満足度を上げるような付加価値がない…こういった記事が候補です。

低品質の記事は削除し、新たな記事として作り上げる

基本的には記事を削除して、新たに作り上げていく戦略でいきます。SEO効果などむずかしいことは勉強不足でわかっていませんが、単純に質の低い記事を放置したままだと、そこを訪れて外れ記事を閲覧してしまう人が増えて、読者満足度が下がると考えられるからです。

リライトの際は記事の構成、内容の見直しはもちろんですが、タイトルの変更やターゲット層の明確化など、1つでも多くの改善を入れていきたいと思います。

また、低品質の記事でもたとえば記事A、記事B、記事Cとあった場合、そこに書かれていた内容を比較したり、要点をまとめたりすれば、おもしろいものに生まれ変わる可能性もあります。

記事のなかになんらかの付加価値をつける

読者の理解を助けるためのサイトの紹介、ニュースソースの紹介、おすすめできる商品の紹介、相互リンクしてるブロガーの記事へのリンクなど、1つの記事に最低1つの付加価値をつけることを目的にしてリライトしていければと思います。

初めからうまくいくわけはないので、とにかく失敗を重ねて経験値をあげていきたいですね。

 

 

 

 

最後にちょっとだけ余談。先日からTwitterを始めました。さっそくフォローいただき、ありがとうございます。まずはフォロワー50人を目標に、コツコツやっていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました