【源泉徴収票は絶対にチェック】会社の経理は信用するな!普通にミスをする

未分類

そろそろ確定申告の季節です。

確定申告=自営業者 というのはイメージであって、実際は会社員でも普通に確定申告ができます。できるというより、本来はどのような働き方であってもしなければならないはずのものであって、会社が年末調整をしてくれているおかげで省略してもOKとなっているに過ぎません。

また、年末調整で会社が扱ってくれない控除(医療費控除、寄付金控除、配当控除)などは自分で確定申告をしないと税金を取り戻せないので、しっかりと申告しないとソンをします。

 

さて、この年末調整の結果として源泉徴収票が配られますが、この中身についてはよくチェックしておいたほうが良いです。

 

なぜかというと経理側がよくミスをするから!

 

私の勤め先に限ったことかもしれませんが、ここ5年で少なくとも2回はミスをされています。

因みに今年もミスをされましたね。。。。年末調整の際に控除してほしいものについては控除証明書を添付するわけですが、きちんと提出しているにもかかわらず一部が反映されていませんでした。

 

・生命保険料控除は新型、旧型を区別して正しく控除されている?
・医療保険は介護保険料控除して正しく控除されている?
・地震保険は正しく控除されている?
・扶養人数は正しく反映されている?
・iDeCo(個人型確定拠出年金)は小規模企業共済掛金控除として正しく控除されている?
・住宅ローン控除は正しく控除されている?

 

正直なところ、私は自社の経理を信用していないので、年末調整の書類を提出する際は、提出する書類、添付する書類を事前にコピーしています。

添付書類がなかった、不足していた、記入の仕方が間違っている…などの言いがかりを防ぐためです(本当はこんなことはしたくないのですが、自己防衛のためやむなく…)

源泉徴収票を受け取った先に、すぐに誤りに気付きましたね。。。。

それで経理に連絡して指摘したところ、ある担当が「アルバイトが転記の際にミスをした」と信じられない言い訳で逃れようとしていました。はっきりいって人間性を疑う暴言ですね。

その後、まともに話を聞ける人間に対応を代わってもらって、しっかりと指摘しておきました。もちろん源泉徴収票は即日で修正してもらいました。

年末調整のミスを発見できなかった場合は、単純に税金でソンをすることになります。また時間が経って気づいた場合は修正することができますが、更正の請求というメンドクサイ作業をすることになりますので、事前にチェックしてみることをお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました