マンションで素人が家庭菜園をしてみた結果【7種類の野菜の成功例・失敗例】

未分類
春先からのコロナ過で外出の自粛が続く中、小さい子どもを連れて遠出することもできなくなったので、暇つぶしの一環として家庭菜園を始めました。
いままでチャレンジしたこともなかったので、趣味の延長ですらありません。文字通り、全くの知識のないところからのスタートです。

 

ネットで調べた付け焼刃の知識と、家庭菜園スペースを借りる際にあった簡単なレクチャーを頼りに5月の連休前から始めました。

隣のスペースの畑の作り方をマネしてみたり…100均で材料をそろえてみたりと、とにかく手探りの状況からはじめました。

 

 

そして、ある程度は失敗することを想定して、なるだけ多くの種類の野菜を植えてみました。

分散投資ならぬ、分散栽培ですね。

限られたスペースで栽培する種類を増やしすぎると、相性の問題があったり養分が競合したりすることもありそうですが、そういうデメリットがあるかどうかもよくわかりませんし、全滅するよりはマシだろうという程度の発想で、分散栽培を徹底させてみました。
前置きが長くなりましたが、素人が適当に家庭菜園を実践してみてどういう成果、失敗があったのかを解説したいと思います。
スポンサーリンク

素人が家庭菜園をしてみた結果【野菜7種類】

挑戦した野菜は、以下の7種類です。

・ミニトマト

・なす

・きゅうり

・枝豆

・セロリ

・ピーマン

・さつまいも

結論から言うと、成功4、失敗2、不明1 でした。

 

なお、栽培条件は次の通りです。

※肥料についてはどの野菜にも同じように1度だけ混ぜてみました。

※草取りは週1回のペースでやりました

※全スペースにマルチシートを敷き詰め、野菜が倒れないように支柱を立てました

※防虫対策はとくになし

※水やりは適当に。ただし週末は必ずやりました。

※栽培方法についてはネットで収集(下記が参考にさせていただいたサイトです)

 

 

ミニトマト(成功)全7種類の栽培の中で一番のでき

全7種類の栽培の中で、一番の成功例だと思います。選んだ品種が良かったのか、どんどん実がなるし、しかも美味しい。防虫対策は何もしていませんが、害虫に喰われることもありませんでした。

極端なはなし、全区画をこのミニトマトで埋めていたら、元がとれたかも…と思ってしまうくらいの出来でしたね。しっかりと水やりさえしていれば、難易度は低めなのではないでしょうか。

ミニトマトは食卓や弁当などで場面も多く使い勝手がいい野菜なので、次に家庭菜園をやるときも有力候補になりそうです。

なす(成功)一部葉が枯れましたが全体的には満足

なすについても、満足に収穫できたほうだと思います。この野菜はすぐに大きくなりますね。最初はそのまま放置していましたが、途中から長めの支柱を立てて支えることにしました。

とにかく水が大事だと書かれていたので、水やりについては定期的に行っていました。一部で葉っぱが枯れた部分もありましたが、全体に影響が広がることはなく収穫にも問題なし。

なすも難易度は低めだと思います。

きゅうり(失敗)まさかの全滅・素人には難しいのか(泣)

今回の家庭菜園で、最悪の結果となってしまったのがきゅうりです。

3本苗を植えましたが、全滅しました(泣)

3本ともそれなりに成長して葉を広げましたが、花や実がなることはなく、枯れてしまいました。

ネットの付け焼刃の情報ですが、支柱を立て、ネットを張り、水やりには気をつけていたと思ったんですが、全くダメでした。途中までは、順調に成長していたので大丈夫だと思ったんですけどね。

よくわからないうちに枯れてしまったので、原因もわかりません。水が足りなかったのか、土が良くなかったのか、あるいは何かしらの病気にかかったのか。素人ではこの辺の分析ができない(泣)

自分を慰めるわけではありませんが、周りの家庭菜園の畑を見てみてもキュウリについては失敗している家庭が多いような気がします(同じように枯らしてしまっている方が多いです)

ただ、まったく同じ環境でも大きな実をつけている畑もあるので、栽培のコツはあるはず。

キュウリは散々な結果に終わったので、リベンジするかどうかも悩みますね。

枝豆(失敗)収穫できたけど期待には程遠い

きゅうりに続いて失敗に終わってしまったのが枝豆です。

こちらは全滅したわけではなく、多少は収穫できましたが、全体的に小粒で(豆が1つしか入っていないものがほとんど)、枯れてしまったものも多くありました。

1本の苗からそれなりの量の枝豆が取れると思っていたのですが、甘かったですね。

それと他の野菜に比べて茎が弱いようで、支柱で支えてはいたものの、強風で何度か倒れてしまうことがありました。

収穫できたものはほどよい甘みもあって、美味しかっただけに残念です。。。ただきゅうりと違って全滅ではなかったので、次もがんばりたいと思える野菜でした。

セロリ(成功)虫はつきやすいけど収穫には満足

セロリは問題なく収穫できましたね。どんどん大きくなるし、茎が丈夫なのか強風・豪雨でも全く倒れませんでした。

アブラムシみたいな虫が何度かついてしまったので、その部分については切除したりしましたが、収穫には問題ありませんでした。葉っぱが枯れた部分も全くなし。

ミニトマトに続く成功だと思います。

ピーマン(成功)身は小さめだが問題なく収穫できた

ピーマンについても問題なく収穫できました。

おもったよりは大きくは成長しませんでしたが、それでも市販のスーパーで売られているくらいの大きさにはなりましたし、味についても全く問題なし。

害虫に脅かされることもなかったように思います。

水が大事な野菜なので水やりの頻度は必要ですが、それさえ守れば難易度は高くないと感じました。

さつまいも(不明)収穫は秋なので成果は保留

さつまいもについては収穫時期が秋になるようなので、成果は不明です。
いまのところ茎・葉の地上部分は順調に育っていますし(ほかの野菜ペースを侵食する勢い!)、芋類はあまり難易度が高くない野菜として評判のようなので、それなりの収穫ができるのではないかと期待しています。
子どもが収穫を楽しみにしているので、なんとか順調に育ってほしいですね。

素人が実際に家庭菜園を体験してみて学んだこと・わかったこと

知識は中途半端でOK(とにかく初めて見ることが大事)

素人であれば失敗を防ぐためにいろいろと勉強してから挑戦したくなるところですが、結論から言うと中途半端でも始めてしまったほうがいいです。
もちろん知識があるに越したことはないですが、一朝一夕で身につくものではありませんし、自然が相手なので、どう転ぶかはまったくわかりません。
生活がかかっているプロ(農家の方)であれば妥協はダメだと思いますが、素人であればその辺は過度に気にしてもしょうがない。ある程度、適当でもOKとわりきってどんどんやってみましょう!
ただ、栽培の難易度によっては全滅する可能性もゼロではないので、余裕があればいくつかの野菜に同時に挑戦したほうがよいと思います。

野菜によって栽培の難易度が全然違う

野菜によって栽培の難易度が全然違うということを、実感しました。

野菜の種類だけではなく、品種や環境によっても難易度は変わってくるはずなので、ネットでいろいろと調べてみることをお勧めします。[初心者 おすすめの野菜]や[家庭菜園 難易度]などのキーワードが候補になるかと思います。

因みに私が全滅させてしまったきゅうりですが、そこまで難易度が高い野菜には分類されていないようですね。。。。

 

 

成果が出るのは単純に楽しい

家庭菜園には手間がかかります。

ベランダや庭先でやるプランター栽培であれば気軽にできるかと思いますが、菜園スペースを借りて行うとなると、そこまで手軽にはできません。

それでも収穫ができると単純に楽しいですし、何より子どもが楽しそうに収穫しているところを見ると、コスパでは測れない価値があるように感じます。

また、家庭菜園をする → 野菜について調べてみる → 虫について調べてみる → 雑草(植物)について調べてみる という感じで、子どもの興味関心の領域を広げることもできました。

最後に家庭菜園が知育に与えるメリットについてまとめたサイトがありましたので、参考までに紹介したいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました