【ブログ運営】過去記事を読み直して思ったこと3つ・それを受けての今後の戦略

未分類

ブログを始めて今年で9年目ですが、これくらいの期間更新を続けていると公開されている記事数もそれなりの数になってきます(ざっくりだと2500記事ぐらい)

その分、それぞれの記事について当然ながら管理が行き届かなくなります。

書いたら書きっぱなし…という人も多いかと思いますし私もそう思っていた一人でしたが、書籍や他のブログなどを通じていろいろと勉強しなおしてみると、過去記事1つ1つの扱い方をしっかりと戦略的に考えていく必要性を痛感しています。

今回は「自分のブログの過去記事を読み直して思ったこと3つ」というテーマから、今後の過去記事の扱い方について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

自分のブログの過去記事を読み直して思ったこと3つ

記事内で発言していた目標や宣言は有限不実行(半分も達成していない)

過去記事の中で、「○○までにこれをやります」「○○の資格を取ります」「○○が今年の目標です」というフレーズが何度か出てきます。

この発言の後を追ってみると、次の3パターンに分類されます。

 

パターンA それをやろうとして行動して目標を達成した

パターンB  それをやろうとして行動したが途中でやめた

パターンC それをやろうとしたが具体的に行動しなかった

 

パターンCは論外ですが、意外と多いのがパターンBです。具体的に行動にうつしたものの、飽きたのか、挫折したのか、忘れてしまったのか…途中で行動を止めてしまった事例が数多くありました。

統計を取ったわけではないので正確ではありませんが、比率でいうと4:5:1という感じです。

成果が出ないものにこだわり続けてもしょうがない、どこかで見切りをつける必要がある…というのも一理ですが(行動経済学でいうところのサンクコスト)、見切るのがはやすぎるというか、そもそもそこまで真剣に目標達成のために資源(時間・労力・財力)を投下していたか!と問われると、自分でいうのもなんですが甚だ疑問です。

 

記事の内容が陳腐化している

記事の内容(品質)が良い、悪い…とかそういう部分はもちろんありますが、それよりも書かれている情報が「古く」なっていると感じます。

もちろん、リアルタイムで書いていた時はそんなことは思っていないわけですし、取り上げる情報についても最新のものを使っていたわけですから別に間違ったことを書いているわけではありませんが、いま見返すと、なつかしさを感じると同時に?????になってしまう部分もかなり多い。

また、あくまでこれは私のブログの場合ですが、Googleアナリティクスなどで計測すると、ブログ記事にアクセスが集まるのはせいぜいアップしてから1週間くらいです。1ヶ月も経ってしまえば、ほとんどの記事は読まれることはありません。

さらにそれより古くなると、「内部リンク」や「関連記事」からのアクセスに限られるようになり、見向きもされなくなっていきます。

 

自分の考え方が変わっている(具体例3つ)

ブログはある意味自分の考えたことを主張する場ですが、過去の記事を振り返ってみると、「俺こんなこと言ってたっけ?」「いまでは考えないな~」という記事も多いです。

年齢や投資経験に応じて考え方に変化が生じているといえますが、発言がブレているということにもなります。

 

支出について

20代~30代前半のころは、節約一辺倒、しかもわりと根性論でそう思ってました。現在は、そこまでカツカツすることもなくなりましたし、投資的な意味を持つ消費(自分が使うに値すると思ったこと)についてはかなり寛容になったように感じます。

資産額が増えたから余裕が出てきたというのもありますが、年を取ってくると「お金」よりも「時間」のほうが尊くなってくるという感情が関係していると思います。

例えば私がいま資産を3000万円持っているとします。3000万円払ったら20歳に戻れるといわれれば、戻るの一択ですね。借金500万円くらいあってもいいかも(笑)。同じように考える同世代の方(アラフォー)は多いのではないでしょうか。

いくつか例を書いてみます。

 

金銭管理について

以前は1円単位の正確な管理を心がけていましたし、毎月の集計の際も正確性を重視して、かなり時間をかけてやっていたように思います。予算配分や支出管理についても厳正にしていました。

通帳もこまめに記帳していた記憶がありますし、財布の中身を細かく把握してたように思います。

最近は、概算だけわかればとりあえずOK、細かいことはスルーという考え方になりました。コンビニなどの小さい買い物の場合はほとんど値段を気にしなくなりましたし、財布の中にお札が何枚入っているかもあまり意識しなくなりました(キャッシュレスが進んで現金を使わなくなったというのもありますが)

 

投資商品

ここ数年は投資商品ががっちりとかたまりブレることもなくなりましたが、投資を始めたころは今では絶対に投資しないであろう金融商品を嬉々として購入していました。

例を挙げると以下のようなものがあります

・東欧地域の株式に投資するアクティブファンド

・日本の特定地域の企業に投資するアクティブファンド

・毎月分配ファンド

・外貨預金

最後の外貨預金なんて、米ドルやユーロだけではなく豪ドルや南アフリカランドまで購入していましたね。当時はこれで分散投資だと思ってました。

 

過去記事は「公開継続」「リライト」「削除」に分類していく

客観的に「価値」があると思われる記事 ⇒ 公開継続

この場合の価値とは以下の4つとして定義。

 

・それなりにアクセス数(需要)がある記事

・雑誌や他ブログから紹介されたことがある記事

・多くのコメントをいただけた記事

・その他自分が価値があると思っている記事(自己満足)

 

これらに該当する記事については、公開継続ということで戦略的に放置します。

アクセスはないが利用価値がある記事 ⇒ リライトしていく

アクセスはないものの、情報(データ)を更新したり、書き方のアプローチを変えることによって再度記事としてアップできそうなものに対しては、積極的にリライトしていきます。

この場合のリライトは、記事の修正ではなく、いったん記事を削除して再アップする方法をとっていきたいと思います。

日付が古いままだと誰にも知られずに終わってしまいますし、似たような記事を上げてしまうとSEO的には重複コンテンツとして判定される可能性もあるので、まずはいったん削除して、新しいものをUPしていく方法でいきます。

どうにもならない記事 ⇒ 思いきって削除

需要がまったくなく、リライトする余地もないような記事については、思いきって削除していこうと思います。せっかく書いたのに…という気がしなくもないですが、やはり整理していったほうがいいと判断しました。一種の断捨離だと思って、積極的にやっていきたいですね。

読者満足度の低い記事が無造作に放置されてしまうと、ブログ全体の評価に影響しますし、なにより読者に失礼な気がします。

 

いずれにしても、そのままにする記事・リライトする記事・削除する記事を分別し、過去記事の扱い方(ルール)を明確にしていきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました