妻の医療保険とがん保険

未分類
スポンサーリンク

がん保険について真剣に考察する

妻が「がん保険」に加入しました。

今回はこのがん保険に関する考察です。別途、医療保険についても加入を検
討していますが、それについてはまだ結論を出していませんので割愛します。

そもそも医療保険(がん保険)は必要か?

これに対する答えについて自分としては明確な持論を持っており、結論から先に言うとある程度の自由になる貯蓄があれば、はっきりと不要である、つまり医療保険に入る必要はないと考えています。前提として、日本の公的保険である健康保険が、制度上大変優れていると思えることが第一の理由です。窓口負担は現役世代の場合3割で済みますし、保険で対応できる医療行為も幅広く、収入の保証については傷病手当金で最低限はカバーされますし(国民健康保険のみの場合は対象外のようです)、予想外の医療費がかかったとしても高額療養費制度で自己負担は9万円前後に抑えられる(一般的な収入の場合)という事実があります。

なお、高額療養費制度は今後の保険財政が厳しくなってくれば改悪される可能性は十分に考えられますが、事前に申請しておけば立替も不要ですし、4ヶ月目からは負担額が4万円強に圧縮されます。拠出額(掛金)は収入に応じて変わりますので低所得者にも配慮されていますし、保険料さえ納付できれば終身の保障が確保できるばかりか、どんな持病を持っていようと誰でも等しく加入できます。また、あまり知られていませんが、入院時の食事代についても一部健康保険から賄われますし、属している組合によっては健康保険とは別にプラスアルファで上乗せの付加給付が受けられたりと、民間の医療保険とは融通性や支給範囲の面で比べ物になりません。いずれにしても医療保険の加入については、公的保障→福利厚生制度→貯蓄→保険、という順番で考えるべきで、上流過程でそれなりに対処する目処が立つのであれば、それ以上の備えはむしろ過剰となり、コストを増やすだけなのではないかと思います。

貯蓄がいくらあれば対応できるか?

上記である程度自由になる貯蓄があれば不要としていますが、この場合の貯蓄は具体的には150万もあれは十分ではないかと考えています。保険に関する本を何冊か読んで検討しましたが、識者によっても意見が変わってくるものの概ね100万円から300万円というレンジが必要な貯蓄額として集約されているようです。これだけの蓄えと最強保険である健康保険のカバーがあれば、わざわざ民間保険に加入しなくてもほぼほぼ安心では?と思います。いまどきは平均の入院日数もどんどん短期間化されているようですから(がんの場合は平均で1ヶ月弱らしい)、よっぽど運が悪くない限り、あるいは閑古鳥がないているような病院が退院させてくれない場合等を除いて、長期入院の可能性も低いと考えられます。我が家は幸いにも著名な識者が指摘するくらいの蓄えは持っていますし、それ以上の生活防衛資金も確保していますので、磐石とはいえないまでも結構な抵抗力を備えていると考えられます。ですの、やはり医療保険(がん保険)は不要と結論付けていました。

妻ががん保険に加入したい理由

ただし、今回は私の話ではなくて妻の話なので事情は少し変わってきます。私の場合は健康保険に加えて組合からの付加給付があるので、そこまで医療費が嵩むことを恐れる必要はありませんし、それもあって医療保険に加入しようとは、今までもこれからも思いません。また、妻が私の扶養に入れば同じく、健康保険と付加給付の恩恵に預かれるので、私と同じ保障を確保できることになります。というわけでやっぱりいらないじゃんという結論に達して終わりたかったのですが、続けて検討をしていくと、以下4つの点で加入が必要なのではないかと考え始めました。

①妻の家系ががんの家系であるので、将来がんになる可能性が想定される。
(病気に遺伝が関係するか分かりませんが、事実としてそうらしいです)
②イザというときのための選択肢を確保しておきたい(つまりは先進医療)
③イザというときのための相談相手が欲しい(つまりはセカンドオピニオン)
④本人の強い意志

全ての理由が合理的なものとは思えませんが、②や③については確かに納得できる部分ですし、自分だけの話ではないので相手の意見も尊重しなければなりません。経済合理性を追求しつつも、それがかなう(加入する)ことによって本人がそのコスト以上の安心感を得られるのであれば無駄にはならないと考えるのもまた1つの考え方です。なお①については因果関係がはっきりしないものの(一説によると遺伝は関係なくあったとしても10%程度のもの)、先進医療とセカンドオピニオンについてはイザというときに頼りになります。

中でもセカンドオピニオンは重要で、素人にはいい病院を見分けることは難しいですし、たとえ見分けられたとしても紹介してもらうことができなければ意味がありません。適切な治療法と治療場所についての意見を外部から聞けるということは、コストでは図れない価値があります。先進医療については、そもそもそれを使用する確率も非常にミクロですし、受けられる治療も流動的ですし、受けられる場所も非常に限定されますので、やや懐疑的に考えているのですが、想定できないことに備えるのが本来の保険の役割であるということを考えると、起こる確率が低いもの(保険料も小さくて済むもの)にこそ掛けておくという行為については間違っていないでしょう。以上のことを総合的に踏まえて、基本的にはがん保険は不要と考えるものの、想定外のリスクに備えるという意味でも、最低限の保障については本人のためにも検討して、良い保険があれば加入しようという結論に達しました。

保険の選別・最低限に必要な保障とは?

以上を踏まえると、必要な保障は以下の3点に限定されます。

①一定の給付金(がん診断時)
②先進医療に対する保障
③セカンドオピニオン制度

シンプルイズベスト。これ以外は全部不要。貯蓄があるので、入院時の日額給付とか通院保障はいりません。また手術時の給付金もいりません。もちろん、収入保障も死亡給付金もいりません。全然ボーナスになっていない無事故ボーナス等の特約などはもってのほか。これらは検討にすら値しません。積立部分も不要で、掛捨てが基本です。なんといっても入院保障は入院しないと意味がないですし、手術もそれに至らないと意味がないばかりか、そもそも行われる手術が給付の対象になるかという問題もあるわけで、とにかくこういった目的別の給付金は融通が効きません。

反面、給付金であれば、それを手術費に当てようが、差額ベット代に当てようが、入院費に当てようが自由です。なんなら別に医療費に当てなくても、病院までの交通費に転用したり、当面の生活費として活用することもできるわけですから、かなり融通が効きます。なので、一定の流動性を確保するためにも必要なのは給付金です。あとは何とでもなります。なにより保険構成を複雑にしてしまうと後々分けが分からなくなってしまいます。「がんと診断されたら給付金が出る」「支払義務が消える」「イザというときには先進医療が使える」とだけ覚えておけば良いわけですから、これ以上のシンプルはありません。

因みに私がたびたび参考にさせていただいている「生命保険の裏側」の著者、後田亨さんも「必要なのは給付金のみ」と断言していますし、唯一付与してもよい特約として「先進医療」を挙げていますので、その考え方も踏襲できています。もっとも1人の専門家と意見を合致しただけで結論を出してしまってはリスクがあるので、何人かの著名な方(特に医療保険やがん保険はいらないと主張する不要論者)の考えも参考にさせてもらいました。簡単に言うと彼ら彼女らがそれでも必要だと感じた場合にしぶしぶ選ぶような保険を、有力な候補としたわけです。

保険ショップを訪問したり、保険の本を読み比べてみたり(と医療保険は要らないとする手厳しい立場の本)しながらいろいろと比較した結果、AIG富士生命のがん保険「がんベスト・ゴールド 無解約返戻金型がん療養保険(10)無配当」に加入することにしました。決め手になった理由をいくつか書いてみます。

・掛金が毎月1000円程度で済む割安さ
(月払い不可だが、半年払いでクレジット払いが可能)
・主契約を給付金のみで構成できる
(他の会社は入院保障や手術給付金を切り離せないケースが多い)
・保険料のわりに給付金が大きく確保できる
(最低でも100万円。他社は50万円というところも多かった)
・上皮性がんを含む全てのがんが対象
・がん診断時は2年に1度を限度として何度でも給付金が出る
(他社は1度切り、あるいは2回という制限が多かった)
・1度でもがんと診断されたら以後の保険料は免除される
・先進医療保障が1500万円
・セカンドオピニオンサービスあり
・ソルベンシーマージン(支払余力)が安定の1200%超

 

保険の相談窓口(来店型ショップ)での質問

読者の参考となるかどうかは分かりませんが、保険の相談窓口では様々な質問を担当者にしました。非常に良心的な方で、顧客の立場に立ってもらっている気がしました。実際にはよく言われているように、保険会社からマージンをもらって収入の糧にしているはずなので、完全に公正な立場での案内はできないはずなのですが、それでもこちらが不利になるような誘導は見あたらず、「募集人にもこういう良心的な人も中にはいるのか」という意外な印象を持ちました。担当者が答えにくそうな(意地悪な)質問を何点かしてみたのですがそれなりに回答をいただけましたし、変に不安を煽ってくることもありませんでした。また、そもそも貯蓄があるのであれば(その担当の考えでは300万)、いらないと思いますよ!と断言していました。いらないと思いますと発言してしまえばそこでビジネスは終わってしまうわけですから、実際には勇気がいる発言です。それでも少しだけは検討したいですというと、すかさず「給付金と先進医療のみを確保しましょう」と言ってきました。まったくガツガツしておらず、それどころかあまりにもスムーズに行き過ぎて逆に拍子抜けしてしまった感もありますが、こういう立場で親身に相談に乗ってくれるとなると、安心して家族にも他の人にも勧められるし、勧めてみようという気になれました。因みに、私が代理人に質問した「いろいろ」なことを、備忘録として箇条書きでまとめておきます(いずれも約款を深く読み込まなければ分かりにくい項目です)

・保険の基本的な性質(給付要件、給付額、不払条件、掛金)について
・保険の契約とはどの段階からが契約発生となるのか?
・セカンドオピニオンを利用するときの制約条件はあるか?
・セカンドオピニオンで実際に相談にのってくれる人の選抜方法は?
・指定代理請求人特約についての説明と意義
・保険会社への請求が遅れた場合の、既に支払った保険料の取り扱いは?
・将来的に見直しを検討する場合、どの部分をどのくらい見直せるのか?
・実際の保険料の支払実績は?
・運営会社の経営状態は?
・過去の不祥事について(不払い問題などを起こしていないか?)
・他社商品と比較した場合の弱みは?

 

保険料をどう捻出するか?

捻出といっても年間で15000円かからないくらいの保険料なので大袈裟に考える必要なないのかもしれませんが、そうはいっても新たな生活コストの増要因とせずに済むのであればそれに越したことはありません。ちょうど先日、契約しているプロバイダのわけが分からないオプションを一通り解約したところでした。その節約効果が1000円程度ありましたので、ここで浮いた分をこちらでかかる保険料に転用します。これで現状の生活費を増やさずに済みます。

 

 

因みに試算を進めていくと、85歳までの払い込み保険料は80万円程度です。つまり若いうちはもちろんですが、85歳までにがんと診断されてしまえば、給付金が100万円でるので元が取れる計算です。また給付金は2年に1度というペースを限度に何度でも出るわけですから、85歳以降にがんにかかった場合でも元が取れる可能性があると考えると、この掛金は許容できる範囲(特約でこれに入院給付金や手術給付金を付与してしまうと、一気に損益分岐点が悪化してしまいます)なのではないか、という結論に達しました。損をする、つまり長く健康でいられた場合は、安心料を80万円で買えたお守りとなるわけですが、この金額でその貴重なお守りを買えたのであれば決して高いとは思えませんし、綺麗に諦めがつく金額だと思うことができそうです。

最後に

がんは2人に1人がかかるという国民的な大病ですが、専門家によると50歳までに発病する確率は5%以下。統計上2人に1人となるのは85歳以降となる話ですので、統計上は高齢者特有の病気といっても過言ではありません。なので、確率だけを見れば必要以上に恐れることはないはずです。結局のところ保険は不幸のギャンブルですから、上記保険の支給についても期待するのではなく、あくまで低コストで確保できる「お守り」として持っておこうと思います。なお、上記と同じ流れで医療保険についても検討していますしなんらかの保険には加入することになるでしょうが、私はあくまで医療保険不要論者であるということを強調しておきます。発言と行動が矛盾してしまいますが、正論通りに行かないのが世の中ですので、これはこれで自分の中で納得させるようにしようと思いますし、それで他の大事なものが得られる、守れるのであれば十分でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました