値札表示を「総額表示」に戻す動きが加速か

時事/雑感

10月11日付の日経新聞の記事。流通最大手のイオンが値札表示を「税別」から「総額」に戻しとのこと。

イオンが傘下の小型スーパーで値札の表示を税別価格から税込みの「総額表示」に戻した。小売業界は消費増税後に税別価格の表示で統一したが、レジで8%の消費税が上乗せされることに困惑する客も多い。消費の回復がもたつくなか分かりやすい表示で客の不満を減らす。業界最大手が表示の見直しの模索を始めたことで追従する動きが出てきそうだ。

すばらしい!これを機に他の小売業やサービス業も追随して、総額表示にしてほしいものです。

困惑したり騙されたと思うことはさすがにありませんが(これは客側が十分に確認しておくべき)、わかりにくいことだけは確かだったので、素直にありがたいことです。税別表示自体が気に入りませんが、そもそも一番気に入らないのは、店によって表示方法が異なる(選べる)という点です。経過措置と言ってしまえばそれまでですが、お金に関することなので、なんとか統一してほしい。特に8%という税率は中途半端で、計算が面倒なのでなおさらです。

総額表示にしてしまうと、商品価格本体の値上げだと錯覚されてしまうという声もありますが、果たしてそうでしょうか?確かにその一面もあるかと思いますが、それよりもこんなに税金がつくのか…という意識のほうが私個人としては強かったです。総額表示の唯一の欠点を挙げるのであればまさにこの部分で、痛税感が弱まってしまうというところ。人はすぐに環境に慣れてしまうので、消費税を一体いくら取られているのか、初めは敏感であったとしてもそのうち意識しなくなってしまいます。これはサラリーマンが源泉徴収と給料天引によって半自動的に税金処理が終っているのと似ています。こうなってしまうと、課税する側の思う壺になってしまうので、注意が必要ですが。。。

ただしその辺の差し引いても、総額表示のほうが簡単で便利で楽です。

税別表示には何のメリットもないので、さっさと戻してほしい。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました