10月までの我が家の予算執行状況

家計管理/節約

ID-100294664

今年10月までの予算執行状況をまとめました。毎月の支出の記録です。

無題

6月のみ予算オーバーを許してしまっていますが、その他の月はなんとか予算内に収めることができています。地域柄、自治体のガス代、水道代が安いことと、格安SIMを夫婦で導入したことで携帯代を抑制できたことが成果につながっています。数字だけを見れば、消費税増税の悪影響も現れていません。

なおあらかじめ断っておきますが、この支出記録には、我が家の支出のすべてが網羅されているわけではありません。それぞれの小遣いや旅行などのイベント支出は含まれていませんし、例えば医療費なんかについても別に管理しているので、この表には反映されてきません。全てを見える化できているわけではないので、その点をどう改善していくのかという部分が、今後の課題になりそうです。

表を見て特筆すべきは支出に占める家賃の大きさでしょうか。実に支出の45%を住居費に費やしてしまっています。専門家に家計診断を依頼したら、間違いなく突っ込まれてしまう部分ですね。。。もっともこれは利用駅が至近にあるという「立地」にこだわったための、必要コストだと割り切っています。住んでみてわかったのですが、立地の良さから受ける恩恵(通勤が楽、傘がいらない、とにかく便利…etc)を何度も感じています。

いずれにしても10か月で生活予算175万円のところ167万円の実績となっており、予算消化率は94%。金額にして約7万円ほど浮いていますので、まずまずの評価だと思います。今年もあと2か月なので、油断せずこのままの流れで目標達成としたいところ。

株高傾向が続くなか、楽観的な見通しをする投資家や、強気の発言をする投資家が目立ってきました。そういう時期だからこそ、足元の生活管理をしっかりしていかなければならない。周りが強気の時はトコトン弱気に、逆の場合はもちろん強気で。そういうしたたかさが、市場に居続ける秘訣だと思ってます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました