確定申告(権利を行使しないものに恩恵なし)

税金/年金/保険

今年も確定申告の時期がやってきました。

先日から医療費控除の資料をまとめていたのですが(医療費控除の申請準備)、その他の控除についても領収書を整理し、申請の準備が整いました。

 

 

私の場合、医療費控除の他、寄付金控除が利用できます。ふるさと納税で利用した分はもちろんですが、日本赤十字社に寄付したおカネなどについても控除となりますので忘れずに領収書を保管しておきました。寄付金控除は税額控除になるので、所得控除扱いの医療費控除よりも効果が大きい。限度額までは全額が控除となるので、必ず申請したほうがよい代物です。

確定申告は今年で2回目となるので、去年と比べて戸惑う作業もなくなりだいぶ楽になりました。来年はこれに住宅ローン控除が加わりそうですが、今のところ特に不安はありません。

 

権利を行使しないものに恩恵なし

サラリーマンに確定申告は無用、関係ないと思っている方が大勢います。私の職場でも全くと言っていいほど確定申告の話題は出ません。医療費控除という制度があるにもかかわらず、たいていの人は領収書すら保管していませんし、交通費の記録も書き留めていません。

権利を行使しないものに、恩恵はないわけですね。。。

・払い過ぎた所得税は還付される
・今年の住民税額が下がる

2つの恩恵を確実に受けたい方は、確定申告をしましょう。私の場合ですが、申告に不備がなければ所得税で20,000円程度の還付、住民税で月3,000円程度の下げ効果がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました