4月から保険料が値上げされるから加入は急いだほうがよい・・・・わけがない!!!

税金/年金/保険

ID-10095706

 

 

 

 

 

 

 

日銀のマイナス金利政策の影響で、生命保険会社が顧客に約束できる金利(予定利率)が低下しています。この4月からは一層下がることになるため、とくに貯蓄性の保険商品については一斉に値上げになるとのこと。

貯蓄性の保険ということは、種類的には学資保険、養老保険、個人年金、掛け捨てでない生命保険などが該当するわけです。街角でも保険ショップの前を通ると、「4月から値上げ!」「お急ぎください」「ラストチャンス」など、駆け込まないと損ですよ・・・と盛んにアピールしているのが目につきます。

盛んに煽っているように見えますが、冷静になって考えてみると・・・

・良い商品なのであれば懸命にアピールしなくても売れるのではないか?

・そもそも現状の保険は、貯蓄性が高いと言えるのか?

・保険会社がやっている運用を自分でもできないのか?

・貯蓄が目的なのであれば、保険商品を使う必要があるのか?

・どさくさに紛れて、値上げされない商品も勧めてくる可能性があるのではないか?

いろいろな疑問が湧いてきます。

私の中ではNO!まったく急ぐ必要はないと思うのですが、保険は人それぞれ、置かれた状況や健康状態にも依存するので、一概には決められません。

例えば上のような疑問に対して、自分なりに納得できる回答があるのであれば契約すればいいし、納得できない部分があるのであれば、相談したり、調べたり、あるいは様子見として契約を見送ればよいと思います。

何も疑問を抱かず、「急がないとヤバい」と思っている人がいたら注意。
焦るとロクなことがないのは、世の中の常。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました