モバイルWi-FiからNURO光に切り替えて固定費を圧縮しました

家計管理/節約

先日、モバイルWi-Fiの契約更新について、どうするか悩んでいると書きました。

関連記事)モバイルWi-Fiの契約更新・変えるべきか継続すべきか

 

さてその後の話ですがいろいろ検討した結果、モバイルWi-Fiではなく、マンションの共用設備を利用した光通信(NURO光 for マンション)へ変更しました。ベストエフォートの速度が速いこと、またマンションのスケールメリットを活かせる契約なので、月額1,900円の支払いで済みます。マンション全体の契約数の縛りがありますが、公開されている契約数を見る限り、基準を下回ることは99,9%なさそう。

加入方法についてはいろいろありますが、キャッシュバックが確実にもらえる、かつ手続きが簡単な公式サイトから申し込みました。併せていままで利用していたプロバイダは解約。なぜか解約時は電話からの受付しかしていないという不親切設定でしたが、多少営業トークの抵抗を受けたものの、無事に解約することができました。

モバイルではなく据え置き型のルーターとなってしまったので汎用性は落ちましたが、それよりも固定費の圧縮を確実に享受することを選択しました。取付工事には立ち合いが必須で30分程度かかりましたが、使ってみるとさすがの快適性です。

格安スマホを使っている身としては外出時の通信量節約をどうするか?というのが課題ですが、良く行く近隣の喫茶店、通勤中の電車内、勤務先、ショッピングセンターなどはWi-Fiが飛んでいますので、なんとかなると思います。不便さを感じることがあるかもしれませんが、試してみたら意外とそうでもなかった…というパターンを期待しています。

最近はポケットWi-Fiのレンタルサービスも充実していますし、プロバイダと契約してワンデーでネット接続サービスを利用することもできます。固定費を確実に圧縮したうえで、イザというときはそういうサービスを活用するようにします。そこで追加費用が発生したとしてもトータルで見れば浮いてくるはず。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました