リバランスの一貫として金・プラチナを売却しました

ポートフォリオ

リバランスの一貫として、保有していた金・プラチナを売却しました。全て売約したわけではなく一部ですが、それぞれ半分以上は売却しましたので結構な金額になります。

あくまでも目的はリバランス(資産比率の修正)でしたが、金価格が40年ぶりの高値圏ということもあり、売却のタイミングとしてはベターだったのかと思います。反面、プラチナは低調な相場が続いているので、何とも言えませんね。

金については間違いなく利益確定となっているはずですが、プラチナについては微妙です。積立投資としてコツコツとやってきましたが、投資元本を正確に記録していなかったので、損益がどうなっているのか曖昧な部分があり、その点は反省しています。

私が取引しているのは田中貴金属ですが、売却から普通口座に入金されるまでに要した日数は2日間でした(売り注文を出した明後日には支払先口座への入金が確認できた)。土日を挟まなかったという事情もありますが、思ったよりも早いという印象です。

資産全体に占める脇役資産(金・プラチナ・REIT)の比率が高くなっていたのですが、金とプラチナについては今回整理しましたし、新規の積立を中止しています。またREITについても新規の積立額を最低限にしながら、ノーセルリバランスを計っています。

あらためて資産比率を集計し、適正に比率が修正されていることが確認できれば、再度積立の再開や増額を検討していきます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました