幼児教育はどこまで必要か?我が家で実践していること

先日、3歳の子どもが通うことになる幼稚園の入園式に参加してきました。

いまは共働きの世帯も多いですからその辺を配慮して土日にやってくれるのかと思いきや、普通に平日の開催でした。それでも大勢の父兄が参加しているところを見ると、みなさんなんとか仕事に都合をつけてきているんでしょうね。園児もじっとしていられないので、式自体は20分程度の簡素なものでした。

さて、私が子育てをしていてびっくりしたことが周囲の「教育熱」です。私の子どもの頃とは時代が違うのか、あるいは地域性なのかもしれませんが、周りの幼児は当たり前のように習い事に通っています。そうでなくても進学や習い事の話になることがよくあり、意識が高い親が多い印象です。私などはどちらかというと、子どもは勝手に育ってくれると思っていたので(そういう環境で育ってきたので)、ちょっとしたカルチャーショックでしたね。

因みにうちの場合は、習い事は1つ、スイミング教室だけです。早いうちに水に慣れてほしいことと、単純に体力をつけてほしいから。そのおかげかどうかわかりませんが、子どもが熱を出したり寝込んだりということはほとんどなく、丈夫に育ってくれています。

中には複数の習い事を掛け持ちさせたり、幼児教室(小学校受験?)に通わせたりしている家庭もあるので、ある意味こどもがかわいそうだと思ってしまいます(遊ぶ時間はあるの?)

うちの場合、スイミング以外はとくに費用がかかるようなことはしていませんが、工夫できる範囲で以下のことを実践しています。

・毎日の絵本の読み聞かせ(図書館に一緒に行って借りるものも選ばせる)

・寝室やトイレに覚えてほしいことを貼る(あいうえおポスター、数字ポスターなど)

・今日一日のことを話させる

・休日はなるべく親子で外に出ていろいろと体験させる

・時間で約束させる(時計の針が〇〇になったら…)

いわゆる学習塾や幼児教室的なものには全く通っていませんが、下手に手を出しても費用が嵩むだけですし、一番大切な教育の時間である「遊び」の時間が減ってしまいます。

多少無責任に映るかもしれませんが、まずはそれなりの体力と経験値を積ませて、お勉強関係については、あとで挽回してもらおうという方針です。

入園させた園も教育重視というよりもどちらかというと遊び重視の園で、好きなこと、興味があることをどんどんさせるという方針であり、そこが家庭の教育方針と合致しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。