東日本大震災から10年・微力ながら今年も寄付を行いました

ブログからのお知らせ

東日本大震災から10年目を迎えました。

 

 

昨年はコロナ禍が始まったばかりということもありあまり報道はされていなかったような気もしますが、今年は区切りの10年であることから、それなりに報じられているように思います。

内容としては10年前の記憶(直接の被害状況)というよりは、どのように街が復興し、人が生活再建を果たしてきたかという部分に主眼が置かれている感じがします。

10年ひと昔とはよく言ったもので、被災地以外の方にしてみれば震災記憶の風化を感じます。さすがに忘れたという人はいないとおもいますが、職場や地域で話題に上るようなこともありません。

私は被災地のど真ん中の自治体で生まれたので、(震災当時はすでに関東にいたものの)時期が時期であれば、間違いなく生を失っていた可能性があります。

遊んだことがある場所、遠足で行ったことがある海岸、家族で行ったショッピングセンター、友人とキャンプをした場所など、ことごとく津波にのみこまれました。

ですので毎日の普通の生活にマンネリをおぼえることもありますが、普通の生活が普通に行えていることの行幸せを感じて、後悔しないようにしていきたいですね。

 

毎年、この時期には微力ながら寄付をさせていただいています。

今年は去年に引きつづき、YAHOOネット募金を利用して就学支援奨学金にたまっていたTポイントを振り込みました。

 

 

さすがに被災者の方に直接支援する時期は過ぎたと思いますが、未来ある子どもたちに寄付をするのは投資だと思って、今後も続けていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました