カモられない為の10ヵ条

『週刊東洋経済』の今週号に、竹内美奈子氏の記事が載っていました。
銀行・証券会社にカモられない為の10ヵ条です。

竹内氏の著書、『投資信託にだまされるな!』には大変お世話になって
います。この本のおかげで、投資信託選びの基本を学びました。

今回は、雑誌に掲載されていた10ヵ条に対して、自分なりにどのように
考えたかを、まとめて見ます。

①すぐに退職金を動かさない
今の自分の場合は退職金ではなく、ボーナスが当てはまる。
ボーナス月に増額して投資をしてしまっては、月々のドルコスト積立が
台無しになってしまうので、していません。また、ボーナス払いも実質0
にしています。基本的にボーナスについては、キャッシュにとどめるか、
定期預金に移すくらいで、ないものと考えて生活しています。
もちろん、少しは羽を伸ばしますが。。。

②自分のことをよく知る
自分の年収、生活スタイル、会社での立場、そして現状の資産総額に
ついては、最低限ですが常に把握するように努めています。

③ネット証券の口座を開設する
既に開設済み。今のところ、店舗証券の口座の必要性を感じません。

④お勧め商品を銀行に聞かない
激しく同意。個人ブロガーさんたちの意見のほうが参考になります。
あと、平日に行く暇ないですよね。。。土日も空いてるのかな?

⑤リターンよりもリスクに目を向ける
これなんですが、簡単そうでなかなか難しいです。なので修行中。
外国債券の高利率を見ると、触手を伸ばしてみたい衝動に駆られます。
一方の見方としては、まだ現役世代なので、多少のリスクについては、
受け入れるべきかとも思ってます。その「判断」が難しいですね。。。

⑥運用実績のない新商品を買わない
これも難しいです。新商品=実績のない商品、という構図は頭では理解
していますが。ネット証券の「資産倍増プロジェクト」で発売された投信を、
早速積立てていますし。

⑦金融機関には印鑑を持っていかない
③や④とかぶりますが、日常生活において、金融機関の窓口を利用する
機会は今のところありません。なので意識しなくても大丈夫です。

⑧コストの低い商品を買う
コストの低い商品=運用実績がよくなる可能性が高い商品、と考えること
ができます。コストの低いインデックスファンドに継続して勝てる、アクティブ
ファンドはほとんどありません。ファンドはノーロード、低信託報酬から選択
するべきです。基本として、実践しています。

⑨リスクを抑えた分散投資を心掛ける
資産運用における基本の「き」です。投資商品の分散だけでなく、
地域の分散、業種の分散、時期の分散なども心掛けるべきです。

⑩独立系FPに相談してみる
10ヵ条のなかで唯一??と思ったところ。投資は自己責任が大原則。
たとえ、独立系FPであっても他人の資産運用は、所詮は他人事。
損失を補償してくれるわけでも、本気で心配してくれるわけでもありません。
相談する・・・というと、どうしても「人に頼る」ことを連想してしまいます。
自らが意見を発信する、FPの資格を取る・・・という主体性が大事だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。