投信はネット証券がお得

資産倍増プロジェクトの公式本を読了しました。
書かれている内容は基本的なことが多いものの、ネット証券を利用する
メリットが丁寧に解説されており、知識を整理するのに役立つと思います。

最近、学習(読書)をサボリ気味だったので、よいリスタートの機会に
なるようにしたいですね。できることからコツコツとしていかないと。

新しい画像 (3)

本書の構成ですが、第1章から第3章までは、ネット証券で投資信託を
買うメリットが解説されています。第4章は業界の方からの資産設計ア
ドバイス、第5章はお勧めの投信88本、第6章は実際の口座開設の
方法・・・なっています。

見るべきところは第4章と第5章でしょうか。

まず第4章ですが、納得がいく考え方がいくつかあったので、メモして
おきます。今後の資産運用における参考にしたいと思います。
特に下から2番目の「規定」と「フリー」についての考え方については、
後日のブログで取り上げる予定です。

★「年間収入」から「年間支出」を差し引いた「貯蓄余力」の分析をする
★資産配分計画には、「2段階配分法」を適用する
★アクティブ投信の平均は、インデックス投信に負けている

★相場観で資産配分を組んではいけない
★生活資金が不要な場合は、分配型投信も不要
★株式市場が暴落したら、余裕資金をつぎ込む
★適正価値が分かりにくいもの(例えば金)を積み立てる必要は無い

★低金利時期に債券を持つ必要は無い
★コモディティを組み入れる場合はETF
★投資には「規定」と「フリー」の考え方がある
★運用において、業界の理論に縛られる必要はない

第5章のお勧めの投信88本ですが、自分のファンドを確認したところ、
ネット証券で買い付けている13ファンドのうち、8ファンドが紹介されて
いました。基本的な選択の方向性は間違っていないと思います。
ただ、買付手数料が3%を超える投信や、いまだにグロソブの毎月決
算型を勧めている点は、どうなの?と思いました。
散々、1章から3章で「ネット証券のメリットは低コスト」と謳っておきな
がら、高額手数料ファンドを紹介する矛盾。。。うーん。。。

どの本でもそうですが、1冊の本の中にも、「勉強になる箇所」「共感でき
る箇所」と「納得いかない箇所」「読むに値しない箇所」が共存しています。
後者の箇所については、本の内容が間違っている以前に、自分の知識
不足が原因である、つまり正確な判断ができていない可能性も検討しな
ければなりません。

そういった部分もうまく整理しながら、知識を吸収していきたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。