傷病手当金の計算式

傷病手当金とは健康保険に加入している会社員(公務員)が、
急な入院などで、収入がなくなってしまった場合などに、
国から支払われる手当です。

国民健康保険にはない制度なので、この点でも正社員は
フリーターやアルバイトよりも安定性(安心感)があります。

実際に傷病手当っていくらもらえるのか?
計算式を確認してみました。

支給額=月給/30×2/3×(休職日数-3)

実際に計算してみます。

<前提条件>
月給:25万円
勤務日数:月20日

支給額=250000/30×2/3×(20-3)=93500円

1日当たりの支給額は約3160円ですね。。。
あくまで公的補助なのでこれで生活するには厳しいと思いますので、
不足する分は預貯金や民間の保険で賄うことになります。

ただし、期間は最長1年半ありますので、確実に助けにはなるはずです。

もしもの時のお金として、自分がいくらもらえるのか、把握するように
したいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。