貯金だけでは高リスク

株や債券は価格が上下するから、ギャンブルみたいなもの。
下手に手を出さずに、堅実に貯金していくのが、一番安全。

…と、こう考えている日本人がいかに多いことか。
僕の職場でも、そういう考えの人が多いです。
中には全く投資をせずに、全額貯金もしくは定期という方もいます。

タネ銭を作るのには有効かもしれませんが、今の銀行金利って、
スズメの涙、いやアリの涙にもなりません。
貯金が安全、安心、財産形成の主役だった時代は完全に過去のものです。
このような考えから脱却できない人は、厳しい言い方をすれば時代遅れ。

貯金だけでは、さまざまなリスクを抱え込むことなります。

①インフレリスク
実質貨幣価値が減少していきます。

②増税リスク
例えば消費税が上がった瞬間に、物価上昇を伴わなくても貨幣価値が減少します。

③円安リスク
円安⇒輸入価格の上昇⇒商品価格に転嫁⇒インフレ

④機会損失リスク
低リターンに甘んじることで、収益機会を逃すリスク。

⑤預金封鎖/財政破綻リスク
インフレの最終形です。円が紙切れになるリスクといったほうがよいかもしれません。

財産のほとんどが貯金で占められている人は、①~⑤のリスクを一挙に
抱えていることになります(怖くないんでしょうか。。。。)

株や債券、海外資産、金などに投資していれば、
分散効果が働いて、リスクが軽減されます。

リスクを回避したいのであれば、貯金にだけ頼る(資産一極集中)のはやめるべき。
リスクを許容し、コントロールし、そして分散させることで、リスクとうまく付き合って
いくという姿勢が重要なのではないでしょうか。

<まとめ>

リスク大 貯金だけでコツコツ貯める分散投資で財産形成を図る リスク小

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。