ダウンサイドリスクの想定

ダウンサイドリスクとは、資産運用に失敗したときに考えられる
最大限の損失をいいます。株や債券の期待値は長期的に見れば
プラスですが、必ずどこかでイベント(バブルや恐慌)が発生します。

自分が取り組んでいる運用のダウンサイドリスクについては、
想定しておかなければなりません。そのリスクが許容できるもので
なければ、安全資産の比率を増やすべきです。

私の場合は、最悪な事態を以下のように想定しています。これらが
同時に襲ってくるときが、ダウンサイドリスクという位置づけです。
(この最悪な事態にインフレは考慮しません)

①株式の評価額が50%落ち込む
②債券の評価額が25%落ち込む。
③円高が1ドル70円まで進む
④その他の資産の評価額が50%落ち込む

現在の各アセットの評価額に、上記の条件を組み込んで再計算
してみたところ、これらが同時に起こった場合のリスクは約22%
でした。計算上は最悪な事態がきても、今のアセットであれば、
損失は2割で済むと考えられます。

この数字を大きいと見るか、小さいと見るかは人それぞれ。
自分の場合は、30%までであれば許容できる範囲です。
逆に、住宅ローンや教育資金を抱えている家庭や、不安定な
立場の雇用に置かれている方は、このリスクは厳しいでしょう。
また、運用期間に余裕が無い50代以降の方も難しいですね。

ダウンサイドリスクを30%まで取れることを想定すれば、もう少し
現状のポートフォリオを「リスク資産」向けに変えても大丈夫です
ので、安全資産4割、リスク資産6割という結論を得られます。

ダウンサイドリスクは、小さいほうが良いとは限りません。
リスクが小さすぎるとリターンは狙えませんし、資金の大半を
預貯金や国債で腐らせてしまっては、投資効率が悪すぎます。
時間が有限である限りは、「機会費用」も意識すべきです。

ライフサイクルに応じて、どの程度のリスクを許容していくのか…
イベントが発生した場合には、考慮していきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。