守るお金の流動性

投資知識/投資方針

リスク資産と安全資産の目標割合を6:4に設定しています。
この場合のリスクと安全の基準は、元本保証があるかないかです。

30歳という年齢を考えれば、もう少しリスクをあげても良いのかもしれ
ません。(100-実年齢)%が、リスク資産へ投じていい資産比率と書
かれている本もあります。

人それぞれ違うと思いますが、自分の場合はリスク資産が6割を超え
てくると、精神上穏やかに生活できなくなるのではないかと思います。

守るお金の運用において重要なのは、流動性です。
急な出費や、急な暴落市場の際に迅速に資金を拠出できなければ
なりません。そういう意味においては、現金やMRFがダントツの使い
勝手ですが、この2つには金利を期待できません。
かといって、個人向け国債10年物では長すぎる…10年も低金利の
国債に資金を拘束されるのは、機会費用の損失にしかならないと思
います。トリプルAの国債ならいざ知らずですが。。。

結局、生活防衛資金のみ普通預金で確保し、それ以外の安全資産
については、短期国債や、定期預金(1年以内)、短期社債(SBI債)
などで保有するのが一番賢明なのではないでしょうか。
因みに仕組み預金は満期を選択できないので、ダメです。

私の場合は、定期預金(3ヶ月もの)で金利0.45%を確保しています。
また1年もの定期預金は金利0.35%で預け入れています。
※住信SBIネット銀行(キャンペーン金利)

これらの定期をタイミングをずらして設定すれば、流動性を高める
ことができます。資金を小分けにする事で、中途解約の際の金利の
取り逃しも防ぐことができます。

流動性を追及するのであれば、下記のような超短期定期を候補に
取り入れても良いかもしれません。一応定期預金ですので、普通
預金と比較すれば、十分な金利を得られます。

1週間円預金(東京スター銀行)
http://www.tokyostarbank.co.jp/campaign/1week/index.html?ai=yen-ok-008521

2週間円定期(新生銀行)
http://www.shinseibank.com/powerflex/yen/yen_2weeks/

いくら元本が保障されていても、十分な流動性が確保できなければ、
宝の持ち腐れになってしまいますので、安全資産ほど、流動性を高
める必要があるかと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました