保有ファンドが評価損へ転落

タイトルのとおり、保有ファンドが評価損へ転落しました。
ほぼ、4ヶ月ぶりぐらいでしょうか。
季節の移り変わりと同様、景気の移り変わりも激しいものです。

現時点での、自分の考え方をまとめておきます。

①保有ファンドについては一切売却しない

②下落率が高いファンドを中心に、押し目買いを実行していく

③定期的にポートフォリオをモニタリングしていく

④できるだけ現金を積み増し(貯金)する

⑤資産運用規則の見直しを検討する

長期投資という観点である以上、短期的な保有ファンドの売却は
必要ありません(①)むしろ、買い支えていく方向性です(②)
ただ、買いすぎには注意したいですので定期的なモニタリングを
実施し、リスクが大きくならないように監視します(③)
そして、日々の支出管理を継続し、できるだけ節約(④)
こういう局面では下手に動揺して動くのは愚の骨頂。モニタリング
は必要ですが、それ以外は放置しても大丈夫。それよりも今後の
ことを考えて、資産運用規則の見直しを検討する良い機会かも
しれません(⑤)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。