投資成果の計算式

マネーリテラシー

投資の成果を簡単な数式で表現してみます。

利回り:y 
時間:t
コスト:c
年間収入:In
年間支出:Ex

とした場合、毎年の投資元本は In -Ex になります。
最終的な投資成果をMとすると

M ={(In-Ex) × y× t } – c  という形になるかと思います。

この計算式の要素を1つ1つを確認していくと、自身でコントロールできる
要素とコントロールできない要素に分けることができます。
例えば、c(コスト)についてはコントロールが可能です。購入手数料や信
託報酬を注視することは、結果的に投資成果を高めます
。反面、r(利回り)
については、全額国債でも購入しない限り予測がつきません。なので、
利回りについては気にしすぎてもしょうがないということがわかります。

また数式のt(時間)に注目すると、とにかく投資は早いうちから始めるの
が有利
ということが分かります。まとまった資金を得てからではなく、とに
かく1万円からでも良いので、積立て投資を実行に移すべきです。
 (もちろん y>0 という前提が必要になります)

Income(収入)については、個人的な能力と会社の業績など複雑な要素
が絡むので思い通りに制御することは難しいですが、Expenditure(支出)
については、ある程度の制御が可能なはず
です。あまり絞りすぎると生活
に潤いがなくなるので、固定費(家賃)や通信費など、1度仕組み化してし
まえば、特別なことを考えなくても勝手に節約になることを考えることが、
重要かと思います。

数式をじっくり眺めると、利回りだけ追求することがいかに意味がないこと
かがわかります。なにせ構成する5つの要素の1つに過ぎません。

コントロールしやすい要素、c(コスト)、t(時間)、Ex(節約)をうまく把握して
いく方法を今後も考えていきます。そのほうが成果も出やすいですし、
投資にかける時間(学習)も少なくてすみます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました