職場の慶弔規定は要確認

仕事/給与/福利厚生

今回は、会社にある「慶弔規定」は要確認すべきというのがテーマです。
慶弔事に関する休日に関する規定や、金銭(祝い金・お見舞金)に関する
ことが規定されており、大抵の企業は、就業規則の一種となっている場合
が多いのではないでしょうか?

特に深く考えていない方も多いと思いますが(昔の私がそうでした)、こうい
うものは、会社勤めで働いているものの特権と言えます。特に私のような
大きくもない企業で雇用されている庶民にとっては、こういう制度をいかに
取りこぼしなく利用していくかが、重要な鍵となります。

今回は入籍、結婚をするにあたり、何か利用できる制度はないか確認しま
した。

休暇制度
休日規定を調べたところ、入籍もしくは結婚式前後5日間を有給休暇扱い
で、貰えることが分かりました。結婚式準備もしくは新婚旅行を想定したも
のと思われます。また、妻の出産、親族の葬式、法要などでも規定の日数
が有給で貰えます。福利厚生が充実している企業においては、子供の式典
(入学式、卒業式、成人式)や、結婚記念日などにも休日が付与されるとこ
ろもあるようです。

祝金制度
慶弔見舞金規定を調べたところ、社員本人が結婚した場合に祝金を支給
する制度がありました。金額はあまり多くありませんが、何かと出費が重な
る時期なので助かります。他には、本人の死亡、妻の出産、親族の不幸や
自然災害などにも、規定の祝金や見舞金が支払われるようです。

新婚旅行割引
提携している福利厚生会社を経由して旅行会社に注文することで、料金か
ら割引、もしくはキャッシュバックが得られるようです。どの旅行会社を利用
するかによって割引率が変わってくるのですが、5%前後が多いようでした。

以前は親戚の不幸の際に、慶弔休暇をいただいたことがあります。このよ
うな会社で定められている制度は、(うちの会社だけかもしれませんが)基
本的に申請主義で、社員が決められた時期に決められた申請をしなけれ
ば効果が発揮されないものが大半です。決して総務が申請を促してきたり、
制度を使用するようにお節介を焼くことはありません。。。

慶弔規定はそれほど複雑ではないと思いますので、ざっくりと流し読みして
おけば、いざというときにでも、とりこぼしなく制度を利用できるかと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました