財形をパスし社内預金制度へ

社内の財形貯蓄制度が実に頼りないことを、先日の記事で紹介しました。
利率が低すぎて、財形貯蓄のメリット(利息非課税)などを全く生かせない
と思われる為、利用を見送るといった内容でした。

それはそのまま変わらないのですが、それとは別に「社内預金制度」があ
ることが分かりました。いま、それを使うかどうか検討中です。

財形貯蓄と社内預金は何が違うの?

この辺の知識がありませんでしたので、自分なりに調べてみました。
簡単にまとめて見ます。間違っていたらすみません…

まず社内預金制度とは、労働者の委託を受けて財産を管理することを
言います。社内預金の有利な点は金利が高めに設定されていること。
現在の最低利率は、労働基準法第18条の規定により、0.5%以上とす
るよう決まってい
そうです。
最近は、制度の圧縮を図り、預金制度をなくす団体も多いと聞きますが、
制度がある以上、サラリーマンとして使わない手はありません。
(ただし万が一所属団体が破綻すると、損害を被る可能性があります)

一方、財形貯蓄制度は社員が直接金融機関と契約する制度を言うよう
です。なので、所属団体の破綻に影響を受けることはありません。

強引に言ってしまうと、預金制度は社債に近く、財形貯蓄は定期預金に
近いといった感じでしょうか。また、給与から控除されるので最初からな
かったものとして貯蓄できるので、「知らないうちに貯まっていた」を実現
しやすいというのも特徴です。

私の職場の「社内預金制度」の金利は1%弱でした。
この金利をどう考えるかは人それぞれですが、自分の感覚としては、
個人向け国債10年物より高い金利なので悪い条件ではないと思います。
ただし固定金利なので、急激なインフレには対応できませんが…

いずれにしても虎の子の「無リスク資産」をネット銀行のキャンペーン金
利や、国債よりも有利に運用できるのは大きな魅力なので、早速申請し
て月々一定額を給与から控除していこうと思います。

まだ具体的な控除額や期間は決めていませんが、無理のない金額と期
間で制度を活用していきます。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。