家計管理の基本となる5つのステップ

マネーリテラシー

年間を通じて家計管理をするための、5つのステップを紹介します。家計管理が苦手な人、あまり意識してやったことがない人の参考になれば幸いです。あくまで我が家の事例ですので、細かい部分はアレンジしてみてください。

まず項目ごとの予算を立てる

年間通じていくらくらいかかりそうなのかを考えて、予算化します。予算化にはできれば具体的な根拠が欲しいところですが、曖昧な部分、イメージが沸かない部分もあるはず。そういうグレーの部分についてはあらかじめ2割増しぐらいで多めに見積もっておき、予算化しておくのがポイント。

半年たったころに予算の消化率を確認する

決められた予算に対してどのくらい支出しているのか、100%であれば計画通り、それ以上であれば想定外、それ以下であればうれしい誤算ということになるかと思います。また半年が経過したことで、半年分の支出額は確定しているわけですから年間を通じた支出の予想精度も若干上がってくるはずです。

予算が足りなければ他の予算から融通する

明らかに予算が足りない場合は、追加で予算を投入するしかありません。ということで、国でいうところの補正予算を組みます。このとき、別の支出項目で余っているものがあれば、シームレスに融通しあいます。国や企業の会計と違って、お金をどう流そうと個人の自由ですから、その点は個人の強みですし、気楽ですね(^^  残念ながら追加投入できない場合は、目標自体を断念して修正するか、支出しない方向で検討するしかありません(あるいは融通先項目の支出をあきらめる)。

予算が余っていれば他の予算に融通する もしくは 貯蓄や投資に回す

反対に予算が余っていればうれしい誤算です。この場合は、他で予算がショートしているものがないかをチェックし、あればそちらに融通します。全体を通してもやはり余っているということであれば、それはもう一般会計化してしまって、ご褒美として好きに使うか、あるいは将来に備えて貯蓄や投資に回すなりして、なんらかの処分をします。

最終的な予算の執行率を確認し次年度の予算を立てる(以後この繰り返し)

時期的には年末年始になると思いますが、その年の支出が確定した場合、あるいは推定できうる状態になった時点で予算の執行率を確認し、反省点を探ります。またそれを参考に、次年度の予算を立てることになります。1年間の支出実績というデータが残っているので、初めて予算を作る場合と違ってスムーズにいくはず。以後は毎年同じことの繰り返しになりますが、慣れてくれば作業に時間を取られることもなくなります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました