【後悔から学んだ】デンタルケアの重要性【私の体験談】

未分類

先日、以下のような記事を書きました。

 

 

スキンケアに興味がない人のスキンケア方法というタイトルですが、この件に限らず、自分がさして興味がないことについてはさっさとそれなりの結論(思考方法なり対処方法なり)を出してしまって、あとは思考停止になってしまったほうが、圧倒的にラクだという話です。

考える時間、悩む時間、そしてそれにかかる金銭的なコストも減らせます。

そして全く対処しない、放置する、問題を先送りする…というわけではなく、とりあえずは対処していること、ベストではないが何もやらないよりはかなりマシ…という点で折り合いをつけている点もポイントだと思っています。

 

さて、上記の記事に対して読者の方からご質問をいただきました。質問ありがとうございます。

いつも拝読させていただいております。

使用されている
・歯磨き
・マウスウォッシュ
・歯間ブラシ

の具体的な製品について、教えてほしいです。

よろしくお願いいたします。

 

今回は上記の質問に回答しながら、自分が考えるデンタルケアについて書いてみたいと思います。



スポンサーリンク

【後悔から学んだ】デンタルケアの重要性【私の体験談】

デンタルケアの重要性に気づくまでの経緯

私がいままでの人生の中で後悔していることの1つに、デンタルケアがあります。あまり後ろ向きなことは考えない性格ですが、これだけは昔の自分に「しっかり管理しろ」と喝を入れたいですね。

決して歯磨きをサボっていたわけではなく、普通というか人並みだったと思います。ただし、学生のころから、

いつも虫歯がある

⇒痛いから歯医者に行く

⇒治療して痛みが改善したら歯医者をすっぽかす

⇒また虫歯になる

 

という完全な負のループでした。

30代の前半で、何かの本、もしくは雑誌で「お金持ちは歯にお金をかける」「1本の歯の価値は300万円以上」「多くの人が歯で後悔する」的なことを書かれていることを目にして、一大決心。

その際に、以下のことを決めて今日まで実行に移しています。

・信頼できる歯医者に通い続けること

・歯医者の治療方法に口を挟まないこと

・治療費は費用ではなく投資と考えること

 

真っ先に歯医者の先生から、そもそも歯並びが悪いので歯ブラシが届いていない箇所があるとの指摘を受けました。つまりどんなに食後にがんばってブラッシングしても、効果が薄いという話です。今思えば当たり前のことですが、当時の自分には結構衝撃でした。

なので矯正が最適解であるとのこと。

ただし、虫歯があるとそもそも矯正ができない(しないほうがいい)ので、まずは今ある虫歯についてとりあえず治療し、終わり次第歯の矯正、そのあとは定期的なメンテナンス(検診やクリーニング)をしていきましょう…という話になり、あとはひたすら月2回程度通院しました。

今は虫歯の治療はもちろん、歯の矯正も完了し、現在は定期的にメンテナンスに通院している状況です。検査で虫歯が見つかった場合は、すぐに治療してもらっています。

また、ブラッシングや歯間ブラシの使い方、予防歯科の重要性などについて説明を受けました。

・歯並びが悪いといくら歯を磨いても磨ききれない(届かない)
・歯は治療よりも予防が大事
なお余談ですが、大人の歯の矯正治療でも条件を満たせば医療費控除の対象になり、税金の還付を受けることができます。子どもは大丈夫だけど大人は対象にならない…と誤解している方が多いので、実にもったいない。
この点については、体験談があるので別の機会に記事にしたいと思います。

質問への回答

いつも拝読させていただいております。

使用されている
・歯磨き
・マウスウォッシュ
・歯間ブラシ

の具体的な製品について、教えてほしいです。

よろしくお願いいたします。

それでは質問に対して、回答していきます。

 

歯ブラシ・歯磨き粉

まず使用している歯磨き(歯ブラシ、歯磨き粉)については特にこだわりはなく、普通の市販のものを使っています。

ほとんどの場合はコレですかね。

 

 

実際のところ、歯磨き粉については「使っても意味がない」「使う必要がない」という意見も多く、私の主治医の先生も、歯の磨き方が重要なのであって歯磨き粉についてはこだわる必要はないという意見のようです。

ただし、フッ素により虫歯になりにくくなること、周囲へのエチケットという面で意味がないとまでは言えないとの話だったので、(商品にこだわりなく)使ってます。

また、歯ブラシについては衛生面を重視して定期的(1ヶ月程度)に買い替えています。

 

マウスウォッシュ

マウスウォッシュについてもいろいろな商品を一通り試しましたが、結局これに落ち着きました。

 

 

ライバルはLISTERINE(リステリン)ですが、やや高価であるにもかかわらず素人目には効果の違いがよくわからないこと、注ぎ口の形状が気に入らないこと(ベタベタする)、そして以下の商品の存在の有無が決め手になりました。リステインにはこれがないんですよね。

 

 

自動ディスペンサーについては初期投資が3,000円程度かかりますが、1度使うと戻れません(顧客を囲い込むという点でメーカーの戦略には感心します)。

因みに、私の場合はウェルシアでポイントで購入したので、投資額はゼロです。Tポイントユーザーで近くにウェルシアがあれば、そちらでの購入が圧倒的におすすめです。

 

 

歯間ブラシ

これについても、続けることが大事なのであって、とくに商品にこだわる必要なないと思ってます。

あえて紹介するのであれば下記の紹介ですが、完全に好みの問題です

 

普段からこれを使うのはさすがに費用が気になるので、基本的には100均で80本くらい入っている大容量の糸ようじを買ってきて、使ってます。高価なものに比べれば糸が切れたり、解れたりしますが、どうせ使い捨てなので気になりません。

 

わたしの結論:製品にこだわるよりも続けることが第一

上で書いたように歯磨き、マウスウォッシュ、歯間ブラシのいずれにしても、とくに製品にこだわりはありません。

考えるのが面倒なので使う商品については固定化されていますが、結果的にそうなっただけであって、所詮は素人判断です。

続けなければ意味がないので、自分にとって使いやすいもの、費用面でストレスにならないもの、そしてロングセラーを選ぶのが無難だと思います。


 

コメント

  1. きいと より:

    デンタルケアについて、プロセスおよび製品の紹介ありがとうございます。

    製品よりも、正しい方法で続けることを大切にしたいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました