資産状況報告(2020年11月度)

ポートフォリオ
スポンサーリンク

資産状況報告(2020年11月度)

本日は月末ということで、恒例の資産状況のレポートを公表します。リスク資産のポートフォリオと、資産残高の推移をそれぞれ集計しています。

 

 

リスク資産のポートフォリオ

リスク資産のポートフォリオは以下の通り。

先月と比較し、日本株0.4%増、外国株0.4%増、外国債券0.6%減、REIT増減なし、ゴールド・プラチナ0.3%減となりました。

株式市場が好調であった裏で、金価格の調整が続いています。外国債券も評価額自体は上がっていますが、株式ファンドの評価額の上りに比べて緩やかなので、全体に占める比率は低下しています。

相変わらず、リスク資産の80%以上は株式資産となっています。まさに運用の主力です。値動きをマイルドにするための債券については10%以下の保有となっています。

今のところ、リバランスの必要はなし。目標とするポートフォリオからの誤差が最大でも2%程度なので、このまま放置します。

総資産の推移

総資産額ですが、今月は株式市場が絶好調だったこともあり大幅に増加。一気に過去最高の資産残高になりました。

負債として住宅ローンを抱えていますが、もはや吸収できる金額となっているので数字上はローン返済が困難になることはあり得ません(ローン控除があるので繰上返済はしませんが…)

とはいえ昨今のまったく実体経済を反映していない株価の上がり方を見ていると、どこかで調整が入るのは間違いないと思っています。まぁ、そういっても結局どうなるかはわかりませんね。

どちらにしろそのまま放置なので、自分のやることは何にも変わりません。

来月もコツコツ投資を継続します。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました