資産状況(2012年10月度)

恒例の資産状況(2012年10月度)の確認です。


上記資産のほか、失業リスクや減給リスク、また災害リスク等に備え
る為の「生活防衛資金」として、10か月分の生活費を確保しています。

先日の記事(現金比率を下げる施策)にて説明した施策を少しずつ
実施しており、その効果で現金比率が40%強から30%弱まで減らす
ことができました。それでもまだ目標比率からは20%近く乖離してい
ますので、依然としてバランスを欠いた配分となっています。

日本株については個別株の購入を進めた為、目標の比率に近いもの
になりました。外国株についても海外ETFを購入した効果が出ています。

外国債券とその他の資産が目標比率から大きく乖離しています。
ですので、リバランスの方向性としては、現金をその2つの資産に振り
分ければ良いはずなのですが、1度に行ってしまうと時間分散の効果を
得られませんので、どのように持っていくかを検討しています。

最近はアセットアロケーションの変動が激しいので、いつもより注視して
行きたいと思います。

<まとめ>
・「現金比率を下げる施策」を引続き実施していく
・外国債券、その他の資産の比率を”徐々に”増やしていく

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。