東北新幹線を割安に利用するなら「えきねっと・お先にトクだ値」

私は実家が東北にあるので帰省する場合は東北新幹線を使います。

独身時代であれば青春18切符や高速バスでも全然大丈夫だったのですが、家族がいると当然そんな無理はさせられないので、新幹線の一択ということに。

子どもはまだ小さいので乗車料金は無料だとしても、大人2人で首都圏から往復すればそれなりの金額がかかります。仕方がないこととはいえ、できるなら少しでも節約したいというのが本音。

結論から言ってしまうとこういった場合は、東北新幹線の利用にはJR東日本のWeb専用商品である「トクだ値」を利用するのが1番です。因みにトクだ値ですが、大まかに3種類あります。

・普通に割安なのが「トクだ値」

・トクだ値よりさらに割安なのが「お先にトクだ値」

・お先にトクだ値よりもさらに割安なのが、「お先にトクだ値スペシャル」

割引率は日付や列車の種類によっても違いますが、基本的には5%から35%まで。この35%引きまでのチケットであれば、こまめにホームページをチェックしていれば取ることが可能です(列車によっては土日や繁忙期でも割引があります)。なお、お先にトクだ値スペシャルについては割引率が50%もあるのでなんとか狙いたくなりますが、こちらは日付や選べる列車が極めて限定的で、かつ降車する駅も限定されるので、よほど時間と行程に自由が効く人でなければ、うまく使いこなせませんね。。。。

今回の帰省には定価で5万円以上がかかる見込みでしたが、往復ともにトクだ値で30%引きのチケットを確保できたので、3万円台に収めることが出来ました。これでもそれなりの出費ではありますが、金券ショップで回数券を買うよりも割安です。

因みにトクだ値とJR東日本の株主優待を利用する合わせ技も可能ですが、株主になるには100万円以上の資金が必要ですし(2018年8月現在)、ヤフオクなどで優待券を購入するとなると、優待券を手に入れるための費用と、優待で受けることが出来る割引額を天秤にかけることになるので、別途検討が必要です。

首都圏から東北方面に帰省する方は、こまめにトクだ値をチェックしてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。