嬉しい誤算・住民税が大幅ダウン

税金/年金/保険

毎年、前年所得に応じて課税される県民税と市民税。いわゆる住民税。
去年は夫婦で40万円近く納めていたのですが、来年はその半分以下で
済むことが、自治体のシミュレーションサイトで分かりました。
夫婦とも勤務先から源泉徴収票が発行されましたので、そのデータを基
に確認しました。ある程度予想はしていましたが、想定を上回る嬉しい誤
算、大幅な負担減です。

今年の世帯収入が下がっているのが理由(ほとんど自分の転職の影響)
なのですが、それにしても思った以上の減税幅で、一ヶ月分の生活費に
相当しますので、インパクトはかなりのものです。

税金の仕組みに関することなので得も損もないのでしょうが、庶民感情と
しては、とっても得した気分です(^^
やはりいろいろ言われている税制ですが、直接税の場合、所得が低い人
に対しては概して優しい仕組みになっていると実感しました。

なお住民税は、一部例外を除いて全国一律の税率で課税されますので、
どの自治体のシミュレーションサイトを使っても結果は同じになりますが、
自治体によっては今年から始まる増税分(復興住民税)がシステムに反
映されていない場合もあるので、その点だけ留意が必要です。
システムに反映されていなさそうな場合は、単純にプラス1000円を足す
ことを忘れないようにしてください(復興住民税は10年間の予定)

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました